温泉・スパ

ホーム>温泉・スパ:大浴場・露天風呂


大浴場・露天風呂

大きな窓のある大浴場にはサウナが完備され、女性風呂には2ヶ所・男性風呂には1ヶ所の岩造り露天風呂がございます。
季節を問わず森林浴気分を味わえる開放的な露天風呂です。

日帰り入浴:大人800円 小人300円
バスタオル レンタル代:1枚300円
フェイスタオル レンタル代:1枚100円

日帰り入浴の土・日・祝日の営業時間/料金のご案内
入浴料金 大人1,000円 小人500円
営業時間 11:00~16:00(最終15:00)
※平日は11:00~21:00(最終20:00)


泉質・効能

源泉名
ASR 94・ASR 02の混合
源泉所在地
北海道小樽市朝里川温泉2丁目670番16号
温泉分析申請者
北海道小樽市花園2丁目12番1号
小樽市長 迫 俊哉
泉質
カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)(旧泉質名:含食塩ー塩化土類泉) 療養泉分の泉質に基づく禁忌症、適応症等は次のとおりである。
浴用
【禁忌症】・・・病気の活動期(特に熱のあるとき)、活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化菅出血、目に見える出血があるとき、慢性の病気の急性増悪期。

【適応症】・・・筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進。


入浴の方法及び注意

  1. 熱い温泉に急に入ると、めまい等を起こすことがあるので十分注意すること。
  2. 入浴時間は入浴温度により異なるが、初めは3分ないし10分位とし、なれるにしたがって延長してもよい。
  3. 入浴中は運動浴の場合は別にして、一般には安静を守ること。
  4. 入浴後は湯冷めに注意して一定時間の安静を守ること。
  5. 高度の動脈硬化症、高血圧症及び心臓病の患者は原則として、高温浴(42℃以上)を禁忌とする。
  6. 入浴後は身体に付着した温泉成分を水で洗い流さないのがよい。ただし、「湯ただれ」を起こし易い人は逆に浴後真水で身体を洗うか、温泉成分をふき取るのがよい。
  7. 食事の直前、直後の入浴は避けることが望ましい。
  8. 飲酒しての入浴は特に注意すること。
  9. その他
    温泉療養に際しては、医師の指導を受けることが望ましい

決定者 北海道立衛生研究所長



温泉・スパ



このページをシェアしよう


このページの先頭へ